HOME>歴史>歴史を感じる場所

お寺や神社の紹介

東京都葛飾区の代表的なお寺の一つに、題経寺があります。このお寺は、別名の方が有名で柴又帝釈天と呼ばれている場所です。古くから、60日ごとに庚申の縁日が行われており、多くの参拝客でにぎわっています。有名な映画にも登場しており、そのおかげで全国に名前が知れわたりました。お寺の中には緑が多く、心を落ち着かせたい人にとってはぴったりの場所になります。代表的な神社の一つに熊野神社があります。熊野神社は、磨かれた石棒をご神体としている珍しい神社になります。ただ、秘宝として扱われており原則的には非公開です。歴史的にみると、徳川の3代将軍家光と徳川8代将軍の吉宗が、将軍家の間で頻繁に行われていた鷹狩りの時に必ず参拝した場所でした。平安時代からすでに創建されており、当時陰陽師として知られていた安倍晴明ゆかりの神社でした。この神社の土地が五角形になっているのも安倍晴明の影響と言われています。香取神社は、亀有にある神社の一つですが勝利の神様がいることで有名になります。そのため、勝負事のお願いも多く、格闘家や野球選手が参拝することも珍しくありません。その一方で、葛飾区亀有で有名な漫画の舞台としてたびたび登場している神社です。イラストが描かれた絵馬やキャラクターなども販売されており、多くのファンが訪れています。周辺は大通りがあり大きなショッピングモールもありますが、神社内は不思議と落ち着いた雰囲気に包まれています。

新着記事リスト