HOME>レジャー>柴又で昭和の情緒に浸ろう

寅さんの世界に入りこんでみよう

葛飾区の柴又の駅前で向かい合うフーテンの寅さんとさくらの像、それを眺めながら、帝釈天方向に向かうと、参道には昭和レトロの香り漂う商店街が軒を連ねています。そこから、程よい距離の散策コースにあるのが、葛飾柴又寅さん記念館です。寅さんの映画のファンの方はもちろんですが、映画を全く知らない世代でもなかなかに楽しめる施設になっているのでおすすめです。昭和の日本の雰囲気が手に取るように感じられる、貴重なジオラマや資料が多数あるので、外国人の方を案内するのにも最適な場所といえるでしょう。また、実際の映画のセットが展示されていたり、歴代のマドンナが紹介されていたりと、寅さんの世界そのものといった作りになっており、施設内を巡るうちに誰もが懐かしく温かい気分につつまれてしまいます。特に、映画の中に入り込んだ気分に浸れる、とらや菓子店のセットは、山田洋次映画のファンにはたまらないものといえるでしょう。インスタ映えのスポットとしてもおすすめです。変わりゆく昭和の日本の風物詩を残すという意味でも、大変貴重な展示内容であるといえます。帰りは、寅さんの映画のシーンを心に描きながら、参道を散歩し、モデルになったお店で甘味を味わうのも素敵です。参道の各お店には、昭和を感じさせるお菓子や佃煮などもあり、試食もできます。のんびり散策しながら、気に入ったお土産を選ぶのも楽しいでしょう。

新着記事リスト